Greetings of Chairman

理事長のあいさつ
公益社団法人 日本口腔インプラント学会
理事長 宮﨑 隆

口腔の健康は全身の健康と密接な関係にあります。生涯にわたって自分の歯で食事を味わうことが健康維持に重要です。お口の中には親知らず(智歯)を除くと本来28本の歯が並んでいますが、歯科界では8020(ハチマルニーマル)運動といって、80歳になっても自分の歯を20本残す運動を続けてきました。現在80歳の半分以上のかたがこれを達成しています。

患者さんが虫歯や歯周病で自分の歯を失った場合に、これまでの歯科医療では、ブリッジや入れ歯で治療をして、患者さんの口腔の健康を回復してきました。口腔インプラント医療は、従来のブリッジや入れ歯に比較して自分の歯に負担をかけることなく、失われた歯の代わりとして審美、機能を含めて口腔の健康を回復することができる治療です。インプラント医療では、自分の歯のように食事ができるばかりでなく、噛むことによる刺激が脳に伝達され、呆け防止にもつながるといわれています。このことは全身の健康維持、増進にもつながります。

公益社団法人日本口腔インプラント学会は、会員数15,000名を超える世界でも有数の規模の学会であり、かつ日本の歯科系で最大の学会です。国民の皆さまに対して、安心・安全なインプラント医療を提供することを目指して学術活動を行っています。毎年学術講演会に併設して市民公開講座を開催して、インプラント医療に関する啓蒙活動を行っています。

安心・安全なインプラント医療を提供するには、患者さんの全身状態の把握、術前の検査、治療計画の立案、インプラントの埋入外科手術、入れ歯やブリッジを作る技術、治療後の経過観察や健康管理など通常の歯科治療以上の専門的かつ高度な知識や治療技術が求められます。

公益社団法人日本口腔インプラント学会では、会員の専門知識および技術の向上を目的に専門医制度を立ち上げ、研修施設における研修プログラムおよび学会主催の研修会の一定の履修を経て、臨床症例報告、筆記試験、口頭試問などに合格した方を専門医に認定しています。平成30年の時点で専門医は全国に約1,300名おります。

インプラント医療に関する疑問質問等がありましたら学会事務局にご連絡頂くか、または学会のホームページに掲載されている相談窓口の専門医に連絡して頂きたいと思います。相談窓口では皆様からのご質問にお答えします。また、本ホームページでは国民の皆さまにインプラント医療を正しく理解していただくために、情報提供をしていますのでご活用していただくことを期待しています。